薄毛対策も意識した髪の洗い方

薄毛対策として毎日の洗髪にも気を使うことが大切です。

洗髪は毎日行い、頭皮・髪の皮脂汚れやホコリをしっかりと落として清潔な状態にしておくことが重要です。
ただ、普通に洗髪だけしているだけだと薄毛対策には不十分です。

まず、髪を洗う際には頭皮のマッサージをも行いましょう。
頭皮を刺激して血行促進することで毛根が活性化され、発毛も促進されます。
さらに、血行が促進されると栄養が頭皮にまで届きやすくなるので、健康な髪の育成にもつながります。

この時、マッサージャーのような器具を使って頭皮を刺激するのもおすすめです。

洗髪前には頭皮のツボ押しやブラッシングで頭皮を刺激するのも血行促進効果を期待できます。
血行が促進されて毛根まで刺激されると、さらに髪にまで栄養が届きやすくなります。

洗髪時に気をつけることとしては、頭皮をゴシゴシとこすったり、頭皮に爪を立てないようにすることです。
爪で頭皮を傷つけてしまうと、抜け毛などの原因にもなるので気をつける必要があります。
爪を立てずに指の腹部分で頭皮を優しく揉み込むように洗髪することが大切です。

洗髪には熱いお湯や冷たい水の使用も避けた方がいいです。
熱いお湯だと頭皮や髪を傷つけてしまい、抜け毛の原因になります。
また、冷たい水では頭皮の血行が悪くなってしまうので、手で触って温かいと感じる程度の湯での先発がおすすめです。

頭皮に皮脂汚れやフケが残らないようにしっかりと洗い流すことも大切です。
世の中にはシャンプーは不要という方もいますが、必ずシャンプーを使って頭皮を洗うようにしましょう。

ただし、使用するシャンプーは石油系の界面活性剤を配合したモノは避けて下さい。
石油系の界面活性剤は泡立ちが良くて洗浄力が強いのですが、頭皮や髪にとっては刺激が強いのでおすすめできません。
アミノ酸系やベタイン系の界面活性剤を配合したシャンプーの使用をおすすめします。

シャンプーの後は、リンスでケアをされる方も多いですが、リンスも油分だということには注意して下さい。
油分はフケやかゆみの原因になるので、頭皮に直接付けないようにすることが大切です。
リンスは適量をとって、髪の毛をコーティングするようにして使用するようにして下さい。
そして、リンスが髪に残らないようにしっかりと洗い流すようにしましょう!

ただ、普段から頭皮の皮脂の分泌が多い方は、リンスを使用しない方がいいです。
リンスは必須という方もいますが、最近のシャンプーは質も良くなっていますし、リンスまでしなくても大丈夫です。

特に、アミノ酸系やベタイン系のシャンプーを使用していれば、髪への刺激も少ないのでリンスでのケアまでは不要です。