シャンプーはアミノ酸系がおすすめ!石油系は避けましょう!

シャンプーを選ぶ際には、使用されている界面活性剤に気をつける必要があります。

界面活性剤は頭皮や髪の汚れを落とすために必要な成分で、シャンプーには必ず含まれています。

ただ、安いシャンプーには髪や頭皮にとっては良くない石油系の界面活性剤が使用されています。
石油系の界面活性剤は刺激が強すぎるために、髪や頭皮を傷めてしまいます。

また、泡立ちが良くて洗浄力が強いので、頭皮の皮脂を全て落としてしまいます。

皮脂が全て無くなると、頭皮は乾燥しやすくなったり、紫外線に直接さらされることになります。
頭皮の乾燥はフケの原因にもなり、頭皮環境を悪化させます。

また、紫外線も薄毛や抜け毛の原因になるので、直接さらされることは良くありません。

石油系の界面活性剤は、
・値段が安い
・泡立ちが良くて洗浄力が強い
というのがメリットですが、
薄毛や抜け毛の原因にもなるので、使用するのは避けた方がいいです。

おすすめは、アミノ酸系やベタイン系の界面活性剤を使用したシャンプーです。
これらの界面活性剤は刺激も弱くて髪や頭皮にとっては優しいシャンプーになっています。

洗浄力も石油系シャンプーより弱くて、皮脂を全て洗い流してしまうこともありません。

アミノ酸系シャンプーやベタイン系シャンプーは、石油系シャンプーよりも値段が高いモノが多いです。
ただ、髪や頭皮の健康を考えると、これらのシャンプーをおすすめします。

因みに、ベタイン系の界面活性剤の方がアミノ酸系の界面活性剤よりも、より刺激が弱くて、しかも泡立ちがいいので、個人的にはベタイン系シャンプーの方がおすすめです。