妊娠中に育毛剤を使っても大丈夫?選ぶ際の注意点は?

妊娠中に育毛剤を使っても大丈夫?

妊娠中というのはホルモンのバランスが崩れ抜け毛が増えやすくなります。
その為、育毛剤の使用を検討されている方も多いです。

ただ、妊娠中に育毛剤を使用すると、
・お腹の中の赤ちゃんに何か影響がないか?
・お母さんの体に悪い影響が出ないか?
など気になるのではないでしょうか?

今回は、妊娠中の育毛剤の使用について説明します。

妊娠中には抜け毛が増えることもある

妊娠中はホルモンのバランスが崩れやすくなり、体内の女性ホルモンが増えすぎることがあります。

そうなると、ヘアサイクルが早まり、抜け毛が増えることもあります。

妊娠中というのはとてもデリケートな時期なので、抜け毛が急に増え始めると不安になる方も多く、育毛剤の使用を考える方もいらっしゃいます。

育毛剤を選ぶ際には、「含まれている成分」「添加物を含んでいるか?」の2点に注意しましょう。

含まれている成分は?

妊娠中には摂取してはいけない成分もあります。

例えば、ミノキシジルを含む育毛剤は妊娠中には避けた方がいいと言われています。

ミノキシジルには血行改善効果があるのですが、妊娠中に使用すると胎児の心臓に強い負荷が掛かる可能性があるので気をつける必要があります。

また、妊娠中にプロペシアを摂取すると体内の胎児に影響が出ると言われています。
プロペシアも薄毛治療に使用されることのある成分ですが、妊娠中には絶対に摂取しないようにしましょう。

妊娠中に使用したり服用すると胎児に影響を与える成分もあります。
その為、育毛剤を選ぶ際には、含まれている成分に十分に注意するようにしましょう。

添加物を含んでいる?

製品を傷みにくくするためによく添加物が使用されます。
もちろん、長期保存できるように育毛剤にも添加物が含まれていることがあります。

妊娠中はデリケートな時期が続くので、添加物のような刺激物は避けた方がいいです。

製品を長持ちさせるために添加物を使用するのは仕方のない事ですが、妊娠中はできれば無添加の育毛剤を選ぶようにしましょう。

アレルギー体質・敏感肌の方は妊娠中の育毛剤の使用には注意!

世の中にはアレルギー体質の方が多くいらっしゃいます。

もちろん妊婦の方の中にもいらっしゃいますが、その方はできる限り育毛剤は使用しない方がいいです。

無添加で安全な育毛剤だとしても、妊娠中はに育毛剤を使用すると、その影響でアレルギー症状が出てしまうことがあります。

同様に敏感肌の方も、妊娠中に育毛剤を使用するとアレルギー反応を起こして炎症が発生する可能性があります。

もし妊娠中に育毛剤を使用する場合には、必ずパッチテストを行って事前にチェックするようにして下さい。