医療レーザー脱毛は医療機関でのみ行える行為です!

医療レーザー脱毛とは、医療レーザーを利用した脱毛行為で、医療機関でないと行えない脱毛処理となります。

医療レーザー脱毛の場合は、黒いメラニン色素に反応する波長のレーザーが用いられています。

メラニン色素とは毛母細胞の周辺にたくさんある色素で、このレーザーを肌の表面に照射することでメラニン色素にのみピンポイントで反応します。
レーザーがメラニンに反応することで発熱し、その熱でメラニンの周辺にある毛母細胞を破壊し、これにより脱毛が可能になります。

痛みがあるのではないかと心配される方も多いですが、当然多少の痛みはあります。
ただ、通常であれば我慢できるレベルの痛みですし、もし心配な方は「麻酔クリーム」の使用についても相談してみて下さい。

因みに、この方法は日本のように黒髪で、肌が黒くない人が多い地域でメジャーな方法になります。

現在、日本でよく使用される医療レーザーが、ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザー、YAGレーザーの3種類です。

ダイオードレーザーは半導体を用いた医療レーザーで、半導体の性質を変えてさまざまな波長のレーザー光を利用して行う処理です。
最近では、クリニックでも一般的に使用されるようになりました。

アレキサンドライトレーザーは、アレキサンドライトという宝石を用いて行う処理で、濃い毛や太い毛にも効果があります。
日本で初めて承認された医療レーザー装置で、世界でもトップクラスのシェアを誇っています。

YAGレーザーは、肌の色が濃い方や濃い部分にも使用できるように設計されていて、また、男性の髭脱毛にも向いています。

クリニックによって使用しているレーザー装置も異なります。
それぞれに特徴もあるので、それぞれのクリニックの情報をしっかりと調べるようにして下さい。

複数の種類のレーザー装置を導入しているクリニックと相談しながら進めることもおすすめです。

【最後に】

医療レーザー脱毛とは、医療機関でしか行えない脱毛効果です。

エステサロンや脱毛サロンでの脱毛は「光脱毛」になり、それに比べても強力な脱毛処理になります。
その為、サロンでの脱毛よりも少ない回数で永久脱毛を実現できます。

ただ、医療レーザー脱毛も永久脱毛までには5~8回処理する必要もあり、1年くらいはクリニックに通う必要もあります。

それと、妊娠中の方は気を付けた方がいいです。
妊娠中の方はホルモンバランスが崩れやすくて、脱毛効果が薄くなってしまいます。
その為、クリニックによっては断れる場合もあります。