「若年性脱毛症」は早目に対策を解することが肝心です!

10代、20代で抜け毛が気になり始めたり、髪の分け目が目立ち始めたりして、薄毛だと認識する方も多いです。

薄毛をずっと放置していたとしてもあまりいいことはありませんので、早めに対策を行った方がいいです。
薄毛対策を行うことについては早いということは無く、気になり始めた時からスタートするべきです。

そのまま放置していると、30代、40代になった頃には薄毛がかなり進行して後悔することにもなりかねません。

若い頃の薄毛は「若年性脱毛症」の可能性もあります。

10代、20代というのは、本来は薄毛になる年齢ではありません。
まずは、「若年性脱毛症」を疑いましょう。

「若年性脱毛症」というのは、ヘアサイクルが乱れていることが原因だと言われています。
ヘアサイクルとは髪の毛が生え変わる周期の事で、髪の毛というのは通常は一定の周期で生え変わる仕組みなっています。

これは、遺伝的な要因が大きいとも言われています。
薄毛に関しては遺伝すると言われていますが、父親の家系から受け継がれる可能性が高いらしいです。
その為、父親の家系で薄毛の人が多いと、自分も薄毛になる可能性があることを疑った方がいいです。

ただ、これは「薄毛」が遺伝するのではなく、「薄毛になりやすい体質」が遺伝する為です。
その為、必ず薄毛になるとは限らないですし、薄毛が気になり始めたら、まずは専門医に相談するのがおすすめです。
専門的な知識のある方にアドバイスなどを貰いながら治療するのはとても大切です。

それと、必ずしも遺伝的要因で薄毛になるとは限らないので、早めに対策を行っておくことが大切です。
例えば、生活習慣や食生活の改善、育毛サプリメントを利用して髪の生育に必要な栄養素の補給、育毛剤によるケアなどが有効です。

10代半ばになると友達との付き合いも増えて、学校帰りに外食したり、遅くまでSNSでやり取りをする機会も増えてきます。
20歳を超えると、タバコを吸い始めたり、就職してストレスを溜め込むようにもなります。

ただ、ストレスや睡眠不足、脂っこい食事やスナック菓子ばかり食べている場合は、直ぐに改善してた方がいいです。
それに、タバコは絶対に直ぐに止めた方がいいです。

それと、頭皮環境を清潔に保っておくことも重要です。
思春期になると髪型にもこだわって、ヘアスプレーやワックスを使用することも多くなります。
それに、若い頃は皮脂の分泌量も多いです。

その為、髪は毎日洗って、余分な皮脂汚れや整髪料による汚れ、ホコリなどしっかりと洗い流すようにしましょう。

その際、使用するシャンプーにも気をつけた方がいいです。
ドラッグストアなどの棚に並んでいる数百くらいのシャンプーの場合には、髪への刺激が強い石油系界面活性剤を使用している場合がほとんどです。
多少値段が上がってしまいますが、髪にとって優しいアミノ酸系シャンプーを使用することをおすすめします。

あとは、効果的な育毛剤を使ってケアするのもおすすめです。