「てんかん」という病気について!

「てんかん」とは

みなさん、「てんかん」という病気をご存じでしょうか?

「てんかん」というのは脳の神経細胞に突然発生する興奮により起こる発作で、いつ症状が発生するのかが分からない病気です。

発作を起こすことにより、突然意識を失ったり、体が痙攣したり、しばらくの間意識が無い状態が続きます。

「てんかん」は年齢に関係なく、どの年齢でも発症する病気です。
100人に1人の割合で発症すると言われていて、性別にも関係のない病気なので、誰にでも発症する可能性があります。

特に3歳以下で発症することが多いですが、高齢者になってから発症すると脳に大きな障害を引き起こすこともあります。

「てんかん」は完治が難しいとされている病気です。
その為、薬で発作を抑えることが多いですが、「てんかん」のタイプにより薬で症状を抑えられない人もいます。
また、薬で症状を抑えていたとしても、睡眠不足や強いストレスなどで発作が発症することもあります。

それと、注意しないといけないのは、いつ発作委が出るか分からないということです。
その為、過去には運転中の発作が原因で、ニュースになるような大きな事故も発生しています。

その為、車を運転される方は、医師と相談して診断書を書いてもらうことが重要です。

最後に

「てんかん」年齢や性別などに関係に無く、誰にでも起こりうる病気です。

1人1人症状も異なり、完治するのが難しいと言われています。
薬で症状を抑える人が多いですが、薬では抑えられない方もいる難しい病気です。

医師と相談しながら、急がずにゆっくりとでもいいので、治療を続けていくことが大切です。