男もネイルケアの時代!甘皮を処理して指先まで綺麗に見せましょう!

ネイルケアでは甘皮も綺麗に整えましょう!

ネイルケアと言うと爪のケアがメインになりますが、もう一つ大事なのが甘皮の処理です。

ネイルサロンでも必ず甘皮まで処理してくれますし、自宅でネイルケア(セルフネイルケア)をする場合にも甘皮まで綺麗にすることは基本です。
甘皮を放置しておくとカサカサになって見栄えが悪くなりますし、甘皮部分まで綺麗に整っていると爪の先まですごく綺麗に見えます。

それに、ささくれなどの予防にもなるので、セルフネイルケアに目覚めた方は甘皮までしっかりと綺麗に処理しましょう。

甘皮の処理を行う頻度は2週間に1回程度を目安にしましょう。
やり過ぎると皮膚から細菌が入って感染症を起こす可能性もありますし、爪の成長にも悪影響があります。

処理方法としては、甘皮がふやけているお風呂上りがおすすめですが、専用のキューティクルリムーバーを塗って甘皮を柔らかくするのもおすすめです。
あとは、ボウルなどにお湯を用意して10分程浸けて甘皮をふやかすのもおすすめです。

甘皮がふやけた後は、プッシャーという道具を使って甘皮を押し上げて立たせます。
そして、ニッパーという道具を使って押し上げた甘皮を切り取ることで余分な甘皮を除去できます。

プッシャーやニッパーが手元にない方は、綿棒を使って甘皮を処理をされる方もいます。
専用の道具ない場合には、大体できるものを使って処理をすることもできます。

甘皮の処理が終わったら、最後にハンドクリームを塗って指先までしっかりとケアしましょう。
特にお湯でふやかしている場合には、指全体が乾燥しやすいので気を付けて下さい。

男もネイルケアの時代

甘皮の処理はネイルケアの基本です。
余分な甘皮は除去して整えておくことで指先まで綺麗に見え、他人にも清潔感のある印象を与えることができます。

最近は、男性でもネイルケアに興味を持っている方が増えています。
男がネイルケア!?とは思わずに、ぜひ挑戦してみて下さい。

特に、就活生や仕事で人と接する機会が多い方は指先まで綺麗にして清潔感を演出するのは大事なことです!

虫歯予防には「フッ素による歯の修復」と「甘いものを控える」のが大切!

虫歯予防に必要なのは3つ

虫歯予防に必要なのは3つ。

・虫歯菌を取り除く
・甘いものを控えて虫歯菌の繁殖を抑える
・歯を強くする

この3つが虫歯予防の方法です。

虫歯は、歯垢(プラーク)に潜んでいる虫歯菌が酸を出し、その酸が歯の表面を溶かすために発生します。

虫歯を放置しておくとどんどん進行していき穴も深くなり、痛みも大きくなります。
その為、虫歯になると適切な治療を早めに受けることが大切です。

ただ、一番大事なのは虫歯になる前に予防することです。
そこで必要なのが上記の3つのポイントです。

虫歯菌を取り除く

虫歯の原因は、虫歯菌が出す酸により歯が溶かされてしまうことです。
その為には適切な方法で歯磨きを行うことが大切です。

・歯ブラシは小刻みに動かして歯の奥までまんべんなく磨く
・歯ブラシは同じ方向だけでなく、縦にも横にも斜めにも動かす
・歯間ブラシや糸ようじを使って、歯ブラシの毛先が入りにくい場所もしっかりと磨く
 ※液体歯磨きを使って道具では届きにくい場所の汚れも落とすのもおすすめです

この点を意識するようにしましょう。

また、歯磨きの際には力を入れすぎると歯の表面が削れてしまうので、力を入れずに軽く磨くようにしましょう。

甘いものを控えて虫歯菌の繁殖を抑える

虫歯菌は糖をエサにして繁殖するので、甘いものを多くとっていると虫歯菌が繁殖しやすくなり、虫歯にもなりやすくなります。

その為、砂糖を多く含む甘いものを控えることは虫歯予防の大原則です。

ただ、全く甘いモノ取らないということは不可能です。
それに、スイーツのような甘い食べ物以外にも砂糖は含まれています。

そこで、甘いものを食べた後はもちろんですが、昼ご飯や晩御飯の後は、早めに歯磨きを行うなどして虫歯予防することが大切です。

歯を強くする

歯を強くするキモとなるのは「フッ素(フッ化ナトリウム)」と「キシリトール」です。
これらは「歯の再石灰化」や「歯の表面が溶けにくくする」といった効果を期待できるので、虫歯予防には不可欠な成分と言えます。

【歯の再石灰化?】
再石灰化とは、歯の表面から流れ出てしまったカルシウムやリンを補うことで歯を修復して強くすることです。

フッ素(フッ化ナトリウム)

フッ素には、「再石灰化作用により溶けだしたカルシウムやリンを補う」「歯の表面が酸で溶けにくくする」「虫歯菌による酸生成や虫歯菌の増殖自体を抑制する」という効果があります。

そこで大切なのが、フッ素を配合した歯磨き粉を使って歯磨きを行うことです。

歯磨きには歯の表面の汚れを取り除くだけでなく、歯の表面にフッ素を塗るという役割もあります。
その為、歯磨き粉は、フッ素が高濃度(1,450ppm以上配合)で配合されていて、かつ、フッ素が口の中に長く留まりやすいモノを選ぶことが大切です。
フッ素が高濃度(1,450ppm以上配合)

また、歯磨きの後は何度も口の中をゆすぐ人が多いですが、少量の水でさっと口の中を洗い流すようにしましょう。
そうしないと、せっかく歯の表面に付着したフッ素が全て洗い流されてしまいます。

因みに、私がおすすめするのはLIONの「クリニカです。
クリニカ
高濃度のフッ素(1450ppm)が配合されていて、さらに「高密着フッ素処方」採用によりフッ素が長く留まるように開発されています。
ぜひ一度お試しください。

キシリトール

テレビCMなどでキシリトールにも虫歯予防効果があることを知っている方は多いと思います。

キシリトールとは、白樺や樫の樹液に含まれる成分から作られる甘味料で、虫歯予防効果が既に実証されています。
北欧地方では20年ほど前から虫歯予防の為に使用されてきました。

まず、キシリトールには「歯の再石灰化を促進する」効果があり、カルシウムやリが溶けだした歯を修復する作用があると言われています。
また、「虫歯菌の働きを抑制する」「虫歯菌の出す酸を中和する」といった効果もあるので、フッ素と同様にキシリトールも虫歯予防には必須の成分と言えます。

キシリトールでの虫歯予防は、食後にキシリトール配合のガムを噛むことをおすすめします。

ただ、キシリトールガムにも砂糖が配合されている可能性もあります。
成分表をチェックして「砂糖」や「水あめ」が表記されている製品は避けるようにしましょう。

とは言え、スーパーマーケットやコンビニなどで売られているキシリトールガムには砂糖が含まれている製品が多いです。

もし砂糖無配合の製品が見つからなければ、歯科医院に行って相談してみるのもおすすめです。
歯科医院にはノンシュガーの虫歯予防に最適なキシリトールガムを取り扱っている場合も多いです。

歯磨きのタイミングは?

歯磨きのタイミングは、食後と就寝前です。

食後に行っておけば大丈夫と思われている方も多いですが、就寝直前の歯磨きも大切です。

就寝中には口内の虫歯菌が繁殖しやすくなるので、就寝直前の歯磨きで歯に残っている食べかすをしっかりと取り除くようにしましょう。
また、フッ素を歯に塗るということも意識されると、より効果的なのでおすすめです。

フコイダンの健康効果と摂取方法

フコイダンとは?

フコイダンとはモズクやコンブ、メカブ、ワカメのような褐藻類に含まれるヌメリ成分です。
※褐藻類とは海藻類の一つで、世界中に約1,500種存在すると言われています。

フコイダンは多糖類の一種で、「フコース」という糖が硫酸基を介して連結した高分子の総称が「フコイダン」です。

フコイダンの歴史は古く、1913年にスウェーデンの科学者によって発見されています。
近年は研究も活発に行われており、「抗がん作用」「免疫力強化作用」「コレステロール低下作用」「抗炎症作用」「血圧低下作用」など様々な効果を期待されて、医学界でも注目の成分の一つです。

日本でも海藻類は昔から多く食べれられてきましたが、最近は食生活の乱れなどから不足しがちな方も多いと思います。
海藻類にはアミノ酸やミネラル、ビタミン類、食物繊維なども多く含むので、食生活を見直して普段から意識して摂取されることをおすすめします。

ただ、フコイダンを多く配合されたサプリメントや健康食品から摂取する方法もあります。
サプリメントであればドラッグストアでも購入できますし、ネット通販で販売されている健康食品も多くあります。

サプリメントや健康食品であれば、吸収しやすいように開発されている製品も多いですし、フコイダン以外の栄養素も一緒に配合されている製品も多いです。

また、最近ではアトピー肌や乾燥肌、敏感肌の方向けの美容液なども販売されています。

興味のある方は、ぜひ一度購入してお試しください。

加熱式タバコと電子タバコの違い・健康への影響について

「加熱式タバコ」と「電子タバコ」の特徴・健康への影響

加熱式タバコと電子タバコが登場してから数年経ちました。
この加熱式タバコと電子タバコをあわせて「新型タバコ」ともいい、日本でもすっかり定着してきました。

こちらの記事では、それぞれの特徴や健康への影響について紹介します。

加熱式タバコ

加熱式タバコとは、専用につくられたタバコの葉を熱して発生したニコチンなどを含む煙を吸うタイプのタバコです。
日本だと、2014年にフィリップモリス社から発売された「IQOS(アイコス)」が有名ですね。

基本的には一般的な紙巻きタバコと大きくは代わらないイメージですが、発生する煙の量と臭いを抑えられるという特徴があります。
また、紙巻きタバコよりも出る有害物質の量が少ないとも言われています。

ただ、加熱式タバコに関する健康被害のエビデンスはまだ少なく、紙巻きタバコよりも健康への外が少ないかどうかはまだはっきりとはしていません。

また、加熱式タバコは紙巻きタバコよりもニコチンやタールの量も少ないという情報もありますが、加熱式タバコにも必ず含まれています。
禁煙の為に加熱式タバコに切り替える方も多いですが、ニコチンやタールへの依存症状は出るので、結局紙巻きタバコも止められない方も多いです。

その点も理解した上で、加熱式タバコを使用しましょう。

電子タバコ

電子タバコとは、電気の力でリキッドといわれる液体を加熱し、発生した蒸気を吸うタイプのタバコです。
リキッドにはタバコの葉を使っていないのでニコチンやタールを含まないのが一般的です。
その為、紙巻タバコとは異なり健康への影響が少ないと言われています。
※海外ではニコチンを含むタイプもあるようです。

電子タバコという名前ですが、日本国内では「タバコ製品」としては販売されていません。

煙よりも香りを楽しむというアイテムが登場しているのも特徴です。
最近ではファッション性や携帯性に重点を置いて開発された電子タバコもあり、バリエーションがとても豊富になっています。

また、電子タバコはリキッドを入れ替えれば香りを変えることもできます。
一つの電子タバコでいくつもの香りを使い分けることができるので、気分によってフレーバーを変えるのもおすすめです。

さらに、紙巻きタバコはメンソールの香りが一般的ですが、電子タバコのリキッドにはメンソールだけではなくフルーツやコーヒーの香りのモノも販売されています。

ニコチンやタールを含まないので健康への影響は少ないと言われていますが、ホルムアルデヒドやアセトアルデヒドなどの発ガン性物質が検出されたリキッドもあるようです。
海外製のリキッドの場合には粗悪品が含まれている場合もあるので、使用する際には注意が必要です。

電子タバコに関しても、加熱式タバコと同様にまだまだ健康への情報が少ないです。
紙巻きタバコよりも害が少ないとは言われていますが、その点も理解して使用しましょう。

男性も脱毛する時代にへ

近年は脱毛する男性も増えてきました。

以前は男性が脱毛している引かれる時代でしたが、最近はむしろ脱毛して綺麗にしている方が清潔感もあり女性に好かれます。

もちろん、男性自身も体毛が濃い良いとコンプレックスにもなるので、今の時代は男性も気軽に脱毛できるいい時代になりました。

男性にとって一番気になるのは、「ひげ(髭)」です。

「ひげ」が濃いい男性が苦手な女性は多いですし、剃った後が青くなる「青ひげ」は見た目が気持ち悪くもなります。
それに、毎朝「ひげ」を剃るのも手間です。

次に気になるのが、足の「すね毛」です。
特に夏場には足を出す男性も多くなり、「すね毛」が濃いとどうしても目が行きやすくなります。

他にも、「胸毛」や「へそ周りの毛」「腕毛」「背中周りの毛」「お尻の毛」「Vラインの毛」など気になるところは多いです。

国によっては「胸毛」は男性らしさの象徴で好かれることもありますし、「ひげ」が男のステータスのような国もあります。
でも、現在の日本は違います。

中には剛毛の男性が好きと言われる女性もいますが、やはり嫌われる可能性の方が高いです。
今や、脱毛も男性のマナーの一つとして、気を付けることも大切です。

脱毛には、医療機関で行うレーザー脱毛、エステや脱毛サロンで行われる光脱毛など、いろいろな方法があります。
また、自分で家庭用の脱毛器を使って脱毛する方法もあります。

それぞれに特徴があるので、メリット・デメリットをしかりと調べてから脱毛を行うようにしましょう。

クリニックやエステ、脱毛サロンで脱毛を行う場合には、クリニックやサロン店舗の評判もしっかりと調べるようにしましょう。
口コミサイトなどをチェックして評判の悪いクリニック・サロン店舗を利用するのは避けるようにしましょう。

また、除毛クリームや脱毛ワックス、電気シェーバー、カミソリなどを使えば簡単に脱毛や除毛ができます。
ただ、肌を痛めるというデメリットもあるので、使用する際には気を付けましょう。

医療レーザー脱毛は医療機関でのみ行える行為です!

医療レーザー脱毛とは、医療レーザーを利用した脱毛行為で、医療機関でないと行えない脱毛処理となります。

医療レーザー脱毛の場合は、黒いメラニン色素に反応する波長のレーザーが用いられています。

メラニン色素とは毛母細胞の周辺にたくさんある色素で、このレーザーを肌の表面に照射することでメラニン色素にのみピンポイントで反応します。
レーザーがメラニンに反応することで発熱し、その熱でメラニンの周辺にある毛母細胞を破壊し、これにより脱毛が可能になります。

痛みがあるのではないかと心配される方も多いですが、当然多少の痛みはあります。
ただ、通常であれば我慢できるレベルの痛みですし、もし心配な方は「麻酔クリーム」の使用についても相談してみて下さい。

因みに、この方法は日本のように黒髪で、肌が黒くない人が多い地域でメジャーな方法になります。

現在、日本でよく使用される医療レーザーが、ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザー、YAGレーザーの3種類です。

ダイオードレーザーは半導体を用いた医療レーザーで、半導体の性質を変えてさまざまな波長のレーザー光を利用して行う処理です。
最近では、クリニックでも一般的に使用されるようになりました。

アレキサンドライトレーザーは、アレキサンドライトという宝石を用いて行う処理で、濃い毛や太い毛にも効果があります。
日本で初めて承認された医療レーザー装置で、世界でもトップクラスのシェアを誇っています。

YAGレーザーは、肌の色が濃い方や濃い部分にも使用できるように設計されていて、また、男性の髭脱毛にも向いています。

クリニックによって使用しているレーザー装置も異なります。
それぞれに特徴もあるので、それぞれのクリニックの情報をしっかりと調べるようにして下さい。

複数の種類のレーザー装置を導入しているクリニックと相談しながら進めることもおすすめです。

【最後に】

医療レーザー脱毛とは、医療機関でしか行えない脱毛効果です。

エステサロンや脱毛サロンでの脱毛は「光脱毛」になり、それに比べても強力な脱毛処理になります。
その為、サロンでの脱毛よりも少ない回数で永久脱毛を実現できます。

ただ、医療レーザー脱毛も永久脱毛までには5~8回処理する必要もあり、1年くらいはクリニックに通う必要もあります。

それと、妊娠中の方は気を付けた方がいいです。
妊娠中の方はホルモンバランスが崩れやすくて、脱毛効果が薄くなってしまいます。
その為、クリニックによっては断れる場合もあります。

シワの原因と対策について

目の周囲は皮膚が薄くてシワができやすい場所です。
ゴシゴシとこすったりすると特にシワになりやすいので、洗顔時に力を入れずにそっと洗うことが大切です。

また、乾燥しやす時期になるとお肌も水分が不足して肌荒れも起こしやすくなります。
そうならない為に保湿ケアにも気を付けるようにしましょう。

シワが増え始めるのは老化現象とも言われています。

ただ、シワの原因は老化だけではありません。
紫外線によるダメージ、気温や湿度の低下、食生活や生活習慣の乱れなどもシワの原因になります。

何もケアをしないと確実にシワは増えていくので、もし若々しさを保ちたいなら、しっかりとした肌ケアを意識しましょう。

さらに、表情に癖がある方も注意が必要です。
同じ顔の動きを続けることもシワの原因になるので気を付けるようにしましょう。

シワ対策として出来ることは、
・保水力の高いヒアルロン酸やコラーゲンを含んだローションなどでの保湿ケア
・日傘、帽子、サングラス、日やけ止めなどでの紫外線対策
・適度なストレスの発散
・しっかりと睡眠時間を取る
・喫煙している方はタバコを直ぐに止める
・バランスの取れた食事を意識する
・表情筋トレーニングやシワ伸ばしマッサージをする
などです。

ビタミンCも紫外線の影響を抑えてくれるので、食事やサプリメントで補給するのもおすすめです。

洗顔方法を見直すことも大切です。
・皮膚を強くこすらず、手と顔との摩擦を極力減らす
・ぬるま湯で洗う
・洗顔料は泡立ててから使用する
・洗顔後は化粧水と乳液でのケアを行う
ということも意識しましょう。

また、洗顔料にも気を付ける方がいいです。
肌に優しい洗顔料に変えることもおすすめです。

シワは老化現象と思ってあきらめずに、しっかりとケアをすることが大切です。

スーパーフード「チアシード」

数年前から注目を得るようになった健康食品の「チアシード」。

最近は、ドラッグストアだけでなくスーパーマーケットやコンビニでも見かけるようになりました。
一時期テレビでもよく取り上げられたので、「チアシード」は既に多くの方に認知されていると思います。

チアというシソ科植物の種子で、温暖な気候の中南米で主に栽培、生産されています。

「チアシード」に含まれる主な栄養成分は「α-リノレン酸(オメガ3脂肪酸)」「必須アミノ酸」「食物繊維」「ビタミン」「ミネラル」などで、
僅かな量でもかなりの栄養素を含んでいるので、スーパーフードとも呼ばれています。

「チアシード」はダイエットにも最適と言われています。
その理由は、水に浸けておくと何倍にも膨らむので、非常に満腹感を得やすく、腹持ちもとてもいいことです。

その為、1日3食の内の1食を「チアシード」に置き換えるだけでも、かなりのダイエット効果を得られます。
さらに、食事の前にヨーグルトなどに混ぜて食べると、満腹感で食べ過ぎ防止効果も期待できるのでおすすめです。

また、アミノ酸の中には脂肪燃焼効果のあるモノもあるので、運動前にドリンクなどに「チアシード」を混ぜて飲むのもおすすめです。

さらに、「チアシード」には、100g辺りに30g以上もの食物繊維が含まれています。
その為、腸内環境が改善されて便通も良くなり、ポッコリとしたお腹になるのも防いでくれます。
スラっとした体型を維持するのにも役立ちますね。

ダイエットの為に食事制限してカロリーカットする方も多いですが、リバンドしやすいですし、健康面でもあまりおすすめできる方法ではありません。
もしダイエットをするなら、「チアシード」を用いた方法も検討してはいかがでしょうか?

ミネラルも豊富に含み、また、生活習慣病予防効果を期待できるα-リノレン酸(オメガ3脂肪酸)も含まれ得ているので、ダイエット効果だけでなく健康効果も抜群です。
ぜひお試しください!

年を取るにつれてお肌の機能も衰えてきます

若い間はお肌の手入れを少しくらい怠っても、回復機能も高くて美しい状態を保つことができます。

ただ、年齢と共にお肌の機能も衰えてくるので、美しい状態を保つのも難しくなります。
その為に、普段からのお肌のケアがとても大切になってきます。

また、使用する化粧品も年齢に合ったものを選ぶ必要があります。
もちろん、その分化粧品の値段も上がってきますが、若い頃と同じものを使っていれば、肌トラブルも起こりやすくなるので気を付ける必要があります。

洗顔料や化粧水にも気を付ける必要があります。

洗顔料にもお肌に刺激が強いモノもあれば、優しいモノもあります。
刺激が強いと肌トラブルにもつながるので、お肌に優しい洗顔料を選ぶことが大切です。

化粧水には、コラーゲンを配合されたモノを使用することもおすすめです。
コラーゲンは保水性の高い成分で、お肌のハリを保つに必要です。

乳液でのケアも行うと良いです。
若いうちは不要ですが、30代半ばを過ぎてくると乳液でのケアも行うとより良いです。

それと、シミの原因となる紫外線を防ぐことも大切です。
年齢を重ねると染みもできやすくなるので、外出時には日焼け止めを使用するようにしましょう。
日傘をさしたり、帽子を被って少しでも日光にさらされる量を減らすようにした方がいいです。

ただ、一番需要なのは生活習慣です。
生活習慣が乱れているとお肌も荒れやすくなります。
もし、良い化粧水や乳液、化粧品などを使っても意味をなさなくなります。
必ず、毎日しっかりと睡眠時間を取るようにしましょう。

食生活も重要です。
脂っこい食事が中心だと良くないので、野菜やタンパク質の多い食事を心がけることが大切です。

もし不足しがちな栄養素があれば、サプリメントで補ってやることもおすすめです。

お肌のトラブルには保湿ケアが大切

お肌のトラブルには保湿ケアが大切

お肌の保湿ケア

お風呂上りや顔を洗った後、お肌の保湿ケアをされているでしょうか?
顔を洗った後はお肌から水分がどんどん奪われていくので、保湿ケアを怠ると乾燥肌にもなります。

それに、年齢を重ねるに連れて、きっちりとケアをしている人とケアをしていない人とでは、確実にお肌に違いが出てきます。
少しでもお肌の若々しさを保つためには、洗顔後のお肌のケアをしっかり行うようにしましょう。

また、冬になるとお肌が乾燥しやすくなります。
顔のお肌がカサカサするなと思ったら、きっちりと保湿ケアをするようにしましょう。

化粧した日には、うちに帰ってきてから直ぐに化粧を落とすようにしましょう。
ただ、化粧汚れをしっかりと落とすことも大切ですが、一緒に角質や皮脂までごっそりと落としてしまわないように気を付けて下さい。

もし肌荒トラブルを起こしてしまった場合には「セラミド」が不足している可能性もあります。

「セラミド」とは、角層細胞のすき間を満たしてお肌の潤いを保ち、乾燥のような外部刺激からお肌を守る役割を持つとても重要な成分です。
肌荒トラブルが起こった場合には、「セラミド」を多く配合した化粧水やサプリメントなどでケアすることをおすすめします。

そもそも、肌トラブルを起こさないように日頃からケアをしておくことも大切です。

肌トラブルを防ぐには?

肌の保水力が弱まると肌トラブルを起こしやすくなります。
そうならない為にも、お肌の保水力を保つ努力も大切です。

お肌の保水力を保つために必要なことは、
・保水力に優れた化粧水でのケア
・血行を良くする
・正しい方法で洗顔する
という3点が重要です。

保水力に優れた化粧水でのケア

保水力に優れた成分として有名なのが「ヒアルロン酸」です。
非常に保水力の高い成分なので、「ヒアルロン酸」を多く含んだ化粧水でのケアはとても有効です。
また、「ヒアルロン酸」のサプリメントも販売されているので、そちらを使って体内から摂取することも効果的です。

「ヒアルロン酸」は年齢を重ねるごとに減少するので、そういった意味でも積極的に摂取することをおすすめします。

「コラーゲン」も非常に保水性の優れた成分として有名です。
その為、「コラーゲン」を含んだ化粧水を使用したり、サプリメントで摂取するもおすすめです。

血行を良くする

冬になると体も冷えやすくなり、体温が下がると血行も悪くなります。
夏は夏で、冷房が効いた部屋の中で過ごすことも多くなるので、体を冷やしにくくなります。

血行が悪くなるとお肌にまで十分な栄養を届けられなくなるので、肌トラブルも起こしやすくなります。

そうならない為に、例えば、お風呂ではお湯にしっかりと浸かって体を温めるようしたり、体が温まるような食生活を意識して下さい。
また、ウォーキングなどの軽い運動を定期的に行うようにすることで、体温が上がるので、血行も良くなります。

血行を良くすることで代謝も良くなるので、健康的なお肌を期待できます。

正しい方法で洗顔する

肌トラブルを防ぐためには、お肌の汚れをきっちりと落として清潔に保つことも大切です。

ただ、洗顔料にはお肌にとっては刺激が強すぎる製品が多いので、お肌に優しい洗顔料を使用するようにして下さい。

また、洗顔する時には、熱すぎるお湯を避けて、ぬるま湯で洗うことも大切です。
力を入れてゴシゴシ洗い過ぎるのも良くないので気を付けて下さい。

さらに、一日に何度も顔を洗い過ぎると、肌が潤いを失ってしまうので気を付ける必要があります。
それに、何度も洗うと逆に皮脂の分泌量が増えるので、返って顔がテカりやすくなります。

顔を洗うのは、朝と夜の2回を目安にしましょう。

お肌の健康にはタバコは厳禁!

お肌の健康の為にはビタミンも大切ですが、タバコを吸うとビタミンCが破壊されるので不足しやすくなります。

タバコを吸っているとお顔がカサついたり、肌トラブルが起こりやすくなるので、タバコは厳禁です。
タバコは直ぐにでも止めることをおすすめします。